[北海道:余市]超絶!!激ウマな赤ウニが食べれる地元の人も並ぶ有名店『柿崎商店 海鮮工房』【おすすめ4.8★★★★☆】

いつも✨応援✨ありがとうございます🎶
👉ポチッ👉としていただいて❤モチベーション❤につながってます😍
🌟🌟おかげさまでランキング🎊上昇中🆙🎊🌟🌟
にほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ  
⬆⬆有名なグルメブロガーさんも多数在籍中⬆⬆

食べ記

衝撃のエゾバフンウニ
どーも(^_^)/
食レポのストック消化中のジーカです(*^_^*)

6月末に念願の食い倒れ北海道に行ってきました(○´∀`○)
その第一弾!余市にある地元の人では鉄板な『柿崎商店』さんにランチで訪れました( ´艸`)
本当はウニを食べに積丹半島へ行く予定だったのですが、嫁がレンタカーの店員さんから地元のオススメを聞き出しここにいくことに決定しました♪
20組くらい既に並んであり、30分くらいで店内へ(^_^)/
前精算方式なので、急いで決めないといけないプレッシャーにとまどいながら注文♪
海鮮丼は売り切れでしたが、念願の赤ウニ(エゾバフンウニ)は注文することができました( ´艸`)

さっそく味について、
今まで食べてきたウニとは別格!!
濃厚な味わいがフワッと訪れ、至福に浸ってる間にすぐに口のなかで溶けます(゚Д゚)
衝撃ぐあいでいうと松坂牛に匹敵するほど感動!
ウニ丼と言ってかき込むとこの感覚が台無しなので一つ一つ丁寧食べることをオススメします(^_^)/

また、量については
お腹いっぱいになるくらいの酢飯と赤ウニで大満足( ´艸`)
丁寧に食べてたので満腹中枢が早く満たされたのかもしれません(^_^;)

値段については、
今回は3500円程度の値段なので決して安くはないのですが、あの味を体感出来るなら貧乏性な私でも払えます( ´艸`)
ただ時価なので3000円以下の安い時もあるらしく、そこらへんは運任せ♪

紹介していただいただけあって、最高なウニ丼でした( ´艸`)
また、ウニには時期がありますので旬な時に食べることをオススメします(*^_^*)
本物のウニの味を知りたい方は、是非北海道の余市の柿崎商店さんを訪れて見てください(^_^)/

おすすめ【★★★★☆】

おいしさ--不満【★★★★★】満足
病みつき--無心【★★★★★】中毒
盛り付け--適当【★★★★★】綺麗
ボリューム-空腹【★★★★★】満腹
CP----低い【★★★★☆】高い

外観

 柿崎商店海鮮工房 外観

内観

 柿崎商店海鮮工房 内観

メニュー

 柿崎商店海鮮工房 メニュー①

 柿崎商店海鮮工房 メニュー②

 柿崎商店海鮮工房 メニュー③

 柿崎商店海鮮工房 メニュー④

柿崎商店海鮮工房 メニュー⑤

料理

【焼いか】

焼いか(390円)
イカ好きの嫁が頼んだ、焼いか!
値段相応な小ぶりが来ると思いきやコスパよすぎでしょ!ってツッコミたくなるくらいの大きいいかが来ました(゚Д゚)
また、味も抜群で程よい食感といかの旨味が溜まりません(○´∀`○)

【磯丼】

磯丼(1110円)①
ホタテとホッキ貝とツブ貝が敷き詰められたら嫁の好物な貝尽くし丼(゚Д゚)
ホタテについては、今までで体感したことないくらい柔らかい身に甘い旨味が最高!!
ツブ貝についても、プリップリッを超えてシャッキシャッキな歯ごたえ(゚Д゚)

磯丼(1110円)②
彩りこそ劣るが、味は天下一品(○´∀`○)
貝好きには堪らないどんぶりです♪

【赤カップウニ丼】

赤カップウニ丼(3510円)①
運に色んなことが左右される赤ウニ丼(○´∀`○)
出会えただけでもハピネス♪
この鮮やかさは、今まで旅番組以外で見たことないですヽ(゚Д゚)ノ

赤カップウニ丼(3510円)②
濃厚なウニの味覚に浸ってる間にとろけてしまうあの感覚。
生きてる間に、出会えて良かった!と思えるくらい感動しました(T_T)
北海道の人はなんて幸せなんだろ( ´艸`)

詳細情報

店名:柿崎商店 海鮮工房
最寄駅:余市駅
URL:http://tabelog.com/hokkaido/A0106/A010602/1000224/

柿崎商店 海鮮工房魚介・海鮮料理 / 余市駅

昼総合点★★★★ 4.8

いつも✨応援✨ありがとうございます🎶
👉ポチッ👉としていただいて❤モチベーション❤につながってます😍
🌟🌟おかげさまでランキング🎊上昇中🆙🎊🌟🌟
にほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ  
⬆⬆有名なグルメブロガーさんも多数在籍中⬆⬆

ジーカ

About ジーカ

初見のお店のランチをブログに残したがるアラサー男子のシステムエンジニア時々プログラマサラリーマン(๑•̀ㅂ•́)و✧ 横浜と旅行先のランチの個人的な感想を自由につぶやいてますლ(´ڡ`ლ)
Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です